046-206-4111
12

購入前に要チェック!マンションの駐車場事情!

地域密着の不動産屋が教える!
失敗しない、不動産選び術!
~街の情報・行政情報・税・不動産に関する情報をお届け~
不動産購入時に役立つ情報が満載!

 

こんにちは、神奈川県エリアを中心に不動産業を営む地域密着不動産屋のARKです。
本日は「マンションの駐車場事情」についてお話し致します。

 

2f139b5c25c67863692d988a2d1c4a7c_s 2

 

マイホーム購入を考える条件として、「駐車場」をあげられる方は多いと思います。
車を所有されている方は、駐車場が住む場所、またはその近隣にあることが絶対条件になるでしょうし、車にこだわりがある方は「平置き」や「屋根付き」といった駐車場の形状も気になるところかもしれません。
マンションの駐車場は、車を所有する世帯であればとても便利なものです。
都心部で駅に近いマンションに住むのなら「車を持たない」というライフスタイルもアリですが、もし郊外型のファミリーマンションでお子さんの年齢が小さい場合は、車は大切な交通手段ですよね。
ここでは分譲マンションを検討する際に、知っておくべき「駐車場の仕組みや種類、注意点」についてご紹介します。

 

マンション駐車場の仕組み
マンションを購入する際、駐車場は購入できないの?と疑問に思われたことはありませんか?駐車場まで分譲しているマンションもありますが数は少なく、「賃貸方式」を採用しているマンションがほとんどです。

 

「賃貸方式」
分譲マンションでは個人の所有となる「専有部分」と、区分所有者全員の共有となる「共用部分」とに分けられます。賃貸方式では、駐車場はみんなの所有となる「共用部分」となり、マンションの管理組合がその運用・管理を行います。
駐車場を利用したい場合は管理組合とマンションに居住している入居者との間で駐車場の使用契約書を締結しなければなりません。
「分譲マンションなのに、駐車場代を払わないといけないのはなぜ?」と聞かれることがありますが、上記使用契約の中で「使用料」を支払うように定められているからです。

 

「分譲方式」
マンションと一緒に駐車場も購入できれば、毎月の駐車場使用料もかからず、毎月の固定出費も軽減できるので、お得に便利に感じられるかもしれません。
しかしながら駐車場区画の所有権が発生することで専用部分と同じように、駐車場区画の購入代金、登記費用、そして毎年課税される固定資産税などが必要となってくるのです。
また駐車場使用料は発生しなくなりますが、共用部分の持ち分が増える分、管理費や修繕積立金の負担が増えることもあります。
このことから、一概に分譲方式がお得、とも言い難い方式なのです。

 

a18512bd3614fdd84d0be549514aa28a_s

 

様々なマンション駐車場の種類
一戸建てと違い、マンションの駐車場には色々な種類があります。「ひとまず駐車場があればいい!」と安心するのは要注意です。駐車場によっては、愛車が駐車できない場合もあります。マンションの駐車場の種類には「平置き」「立体式」、「自走式」「機械式」などがありますが、どの形式の駐車場が使い勝手がよいのか、駐車場代やかかる管理・修繕費はどのくらいなのか、気になるかと思います。
賃貸住宅と違い、分譲マンションではすべてのメンテナンスを自分たちの費用で実施しないといけないこともポイントです。自分が使用していない駐車場のメンテナンス費用も、管理組合みんなで負担しなければならないことも念頭に置いて考えましょう。

 

「平置き駐車場」
平置き駐車場とは、平面駐車場ともいい、戸建ての家についている駐車場のように、地上にある駐車場で車道から同じレベルにありそのまま止められる形式の駐車場を指します。多くは青空ですが、簡単な屋根がついている場合もあります。
機械式駐車場のように操作に時間がかかることもなく、車道から入ってそのまま駐車することができますので便利ですね。特別な形状でない限り、駐車する車の車種を気にする必要もありません。しかし、マンションでは土地に限りがあるため、平置き駐車場のみで全戸分の駐車台数を確保することは難しく、駐車場が足りなくなるケースもあります。希望者が多数の場合は抽選や入れ替えなどを協議する管理組合もありますので、希望通りに駐車できない可能性もあります。

 

870a0a23fafe3a307a7d5687e32c983b_s

 

「立体式駐車場」
平置きに対し、立体式とは上方向に何層か駐車スペースが積み重ねられた駐車場のこと。立体式には自走式と機械式があります。同じ土地面積でも平置きに比べ、駐車台数が確保できる利点があります。壁や天井のある建物として作ってしまう場合と、鋼材などで組み立てて壁や天井のない作りのものまでありますが、立体自走式の場合、自分の駐車スペースにたどり着くまでスロープをぐるぐる回り時間がかかることもあります。また、立体機械式の場合は操作に時間がかかったり、大規模のものだと入出庫に時間がかかります。
注意しておくべきこととして、機械式駐車場では、車長・車高・車幅などの車のサイズに制限があります。「軽だから大丈夫」と安心するのは危険。車高で駐車できない可能性もあります。一方で「ハイルーフ対応」の機械式駐車場もあります。車を買い替える場合も想定して、具体的にどの車種がOKなのかを確認しましょう!

 

fc4068c837c40781f0fe786c19b696a2_s

 

見落としがちな「分譲マンションの駐車場」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
一昔前は、マンションも駐車場が総戸数に対し100%以上あるのが当たり前でした。しかし最近ではマンションの立地によって、どの程度の駐車場が必要かは大きく異なってきています。今現在、車を所有していない方も無関係と思わず、ぜひ、マンション購入を検討する際には駐車場にも注意してみてくださいね。

どんなことでもまずは、
神奈川県エリアを中心に不動産業を営む地域密着不動産屋のARKにお問い合わせ下さい。

TOPへ