【仲介手数料最大無料】大和・横浜・湘南不動産ナビ(株)ARK注目キーワード

ご近所さんの騒音で一番気になることは何ですか?

気づいたらあなたも発していませんか?身近な騒音

生活環境の中で、どうしても住んで見なければわからないご近所さんの騒音。
今回のアンケートでは、一番気になるご近所さんの騒音について聞いてみました。

【質問】

ご近所さんの騒音で一番気になることは何ですか?



【回答】
生活音:23
足音:21
テレビの音:3
音楽:9
その他:44

 

気になる生活音

皆さんが一番気になるのは生活音のようです、それでは皆さんのお話を聞いてみましょう。

・音の大きさにもよるが、自分の活動時間と時間帯の異なったサイクルの方の生活音が気になるため。
・こどものうるさい声や生活音、母親のおこった声など聞こえると自分の家もきこえているのかと逆に気になります。
・家族をひどく叱ったり、ケンカしている声がきこえてくるのが一番いやだから。

人によって、家族によって、生活のリズムは様々です。
自分の静かにしていたい時間には特に近隣の音ははっきりと聞こえてしまうものです。
意識しなくてもいつの間にか自分でも発してしまっているかもしれない生活音ですが、子供を叱る時なども熱くならずに冷静に何がいけなかったのかを理解できるように説明してみてはいかがでしょう。

次いで気になる足音の存在

皆さんが次いで気になる騒音は「足音」という結果になりました。
足音が気になる皆さんの意見を聞いて見ましょう。

・隣人の子どものドンドン、ダダダダダーンという走り回ったり飛んだりする足音が、1時間以上続いた時期があって、それから気になってしかたがなくなった。
・集合住宅の上の階のかたの足音が響き気になるため。とくに小さいお子さんの走り回る足音が響く。
・困っているほどではありませんが、就寝時間がわが家は早いので、夜走り回っている音などがドスドス聞こえてくることがあるので。

足音がすると、壁があっても他の人がすぐ身近に感じて、自分のプライベートがなくなってしまう気がするのもわかります。
外で鬼ごっこする子供たちは微笑ましいですが、マンションの廊下などは人との衝突や開いた扉にぶつかったりして、とても危険ですよね。

その他に多かったエンジン音

その他の回答が多く寄せられました。 その中でも多かったのがバイクや車のエンジン音でした。

・若い子が集まって夜遅い時間もバイクをいじったりしているのでそのエンジンを吹かす音や話し声がうるさい。それから、こどもに大声をあげて毎日のようにきつくしかったりしていて、私のこどもたちにも聞こえているので、叱り声がするとうちの子がビクビクしている。
・季節限定ですが、庭の芝刈り機の音が非常に気になります。子供が小さいので、お昼寝の時にガーガー音がすると、とても嫌な気分になります。
・威勢のいい車が帰ってくると聞こえるので。威勢のいい車のお友達なんかが集まるとウンザリする。夜中に帰っていくので迷惑だが実害がないので黙っている。

騒音のなかでも、時間をみて気をつけられるものと、どうしても仕方がないものとがあります。
注意できるものは意識していくことがご近所付き合いで大切になりますね。

■調査地域:全国
■調査対象:全対象(年齢不問)
■調査期間:2015年8月28日~9月9日
■有効回答数:100サンプル

 

 

トピックス

2017年03月26日更新

掲載物件数 2148
公開 593
会員限定 1555
新着物件数 86
公開 2
会員限定 84
ARK倶楽部

現在の会員限定物件数:1555

無料マイページのご登録はこちらから
すでに会員のお客様はこちら
メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちらから

当社からのお知らせです
会社情報 当社のご紹介です!
【仲介手数料最大無料】大和・横浜・湘南不動産ナビ (株)ARK

〒242-0024

神奈川県大和市福田2-11-3 2F

TEL
046-206-4111
FAX
046-206-4114
営業時間
10:00~19:00
定休日
毎週水曜日
会社情報を見る
株式会社ARK
  • 検討中
  • 問い合わせ済み
  • 閲覧履歴
会員登録はこちらから

会員でない方がこちらにストックした情報は、ブラウザを閉じた際に全て消えてしまいます。無料会員登録していただくと、ストックした情報を一定期間保持することが可能になります。

「検討中に追加」をすると、こちらに物件情報が追加されます。お問い合せ前の比較検討等にご活用ください。

「お問い合わせ」をすると、こちらに物件情報が追加されます。お問い合せ後の確認等にご活用ください。

詳細情報を閲覧した物件が順番に表示されます。物件をもう一度見たい場合等にご活用ください。

このページの先頭へ戻る